ジャンクフードばかりじゃない?aga対策で有効な食生活の改善

食事によってagaを誘発することも

agaというと、男性ホルモンが還元酵素の働きによって抜け毛を引き起こす悪玉のホルモンに変化することによって引き起こされるということがわかっています。この還元酵素の働きはいつスイッチが入るのかはわかりません。遺伝や生活習慣などの影響を受けると言われていますが、食生活もスイッチの原因になると言われています。

どんな食事が駄目なの?

agaのスイッチを入れてしまいやすい食事は、脂質のとり過ぎや糖質のとり過ぎなどです。牛丼やハンバーガーなどといったファストフードで食べられるメニューや、ポテトチップスなどのジャンクフードなどがagaを引き起こしやすい食事の代表的なものです。

どんな食事が予防と改善になる?

agaの予防や改善につながる食事ですが、一言で言えば健康的でバランスの良い食事です。特に和食はヘルシーで野菜なども摂取しやすいので良いでしょう。バランスの良い食事と言っても具体的にどの様な食事かわからないという人もいるかもしれませんが、まずはPFCバランスを意識することが大切です。PFCとは三大栄養素のことで、タンパク質は体重1kgあたり1g、脂質は1食10~15g程度、糖質は1日の摂取カロリーの6割程度がバランスが良いと言われています。

ビタミンは脂質や糖質の代謝を助けてくれるビタミンB群を意識して、ミネラルは抜け毛の予防やタンパク質の合成に関与する亜鉛を不足しないようにしましょう。必要に応じて、プロテインやマルチビタミン・ミネラルなどのサプリメントを取り入れるとバランスの良い栄養摂取が可能になります。

agaクリニックは通い続けることが大切です。新宿は色々な路線が乗り入れる中心都市のため万一の引っ越しの際も通い続けやすいです。ぜひagaを新宿で探しましょう